LMS

1.背景

LMS(学習管理システム:Learning Management System)とは、eラーニングの実施に必要な、学習教材の配信や成績などを統合して管理するシステムのことです。

eラーニングシステムにおける学習管理システムは、教師などによる教材・学習材の保管・蓄積、学習者への教材・学習材の適切な配信、学習者の学習履歴や小テスト・ドリル・試験問題の成績などを統合的に管理するもので、一般に LMS と呼ばれる。学習管理システムは、大人数の受講者の成果を把握しやすくするために用いられる。学習管理システムは、学校における面接授業の代替(学習管理システムを介したものを中心とした授業)や面接授業との併用(一部分で学習管理システムを活用している授業)、企業における社員教育などで活用されている。学習管理システムは、学習者にとってのポータルサイトとしての役割も持っており、学習管理システムからログインして、学習や試験といった一連の操作を行うことになる。また、補完的な機能として学習者相互間、教師対学習者などのコミュニケーションをする電子掲示板なども学習管理システムが持つ1つの機能として設けられていることが多い。

学習の進捗管理や支援を行う案内役を「メンター」、メンターによる管理を「メンタリング」と呼ぶ。特に学習内容に関するサポートを行う者を「チューター」と呼ぶ。学習者に対する適切なサポートを行うことで、eラーニングの効果をより高めることができる。

2.目的lms

学生の自発的な学習や教員と学生とのコミュニケーションを促すための多様な機能が用意されており、対面授業を補完するツールとしても役立ちます。

学生はパソコンを使って講義にログインすることで、いつでも好きなときに教材を閲覧したり、テストを受けたり、掲示板に書き込みをしたりすることができます。

LMSの役割

LMSのおもな機能は、大きく分けて2つあります。

  1. 学習者と教材の管理
  2. 学習者の進捗状況の管理

学習者と教材の管理

機能として

  • 受講者の登録・削除、グループ管理jb@Kdk00%xVj95K%
  • 教材の登録・削除、公開時期の制御
  • 教材の受講順序などの設定
  • テスト問題の合格/不合格点の設定、結果による分岐
  • 受講者が学習する教材の割り当て、などがあります。

学習者の進捗状況の管理

学習者の進捗状況の管理は、『学習者がどの教材を完了したか』『テストは何点獲得し、合格したか否か』などを、管理者が一元的に把握できる機能です。代表的なものは、

  • 学習進捗・成績の管理
  • 進捗のレポート作成
  • 進捗による学習者への連絡などがあります。

帝京大学LMSサポートサイト http://www.lt-lab.teikyo-u.ac.jp/lms-ss/

熊本大学 https://www.ield.kumamoto-u.ac.jp/

神戸大学LMS BEEF  https://beef.center.kobe-u.ac.jp/ このサイトについて
・ 神戸大学LMS BEEF 2016 は,本学の2016年度の授業科目をコースとして登録した学修支援システムです.
・ BEEFへのログインは,情報基盤センター発行のアカウント(ログインIDとログインID用パスワード)を使用します.

早稲田大学 https://www.waseda.jp/inst/ches/ctlt/teaching/mywaseda/

問い

  • 受講者はどれくらいのペースで学習を進めているのか
  • テストでどれくらいの得点を獲得しているのか
  • どんな分野が強いのか・弱いのか

LMSの利点・メリット

受講者のメリット

  • どの教材からはじめればよいか、どこまで終わらせればいいか、などがすぐに把握できる。
  • 試験結果や進捗率がリアルタイムに提示されるので、学力向上・スキル習得への道筋がつかみやすい。
  • 結果の一覧性が高いので、苦手分野や努力目標がわかりやすい。

講師のメリット

  • テスト結果や実施時間などが自動的に集計されるため、添削の手間がなくなる。
  • 個別の成績や進捗状況が一覧で表示・抽出できるため、個別指導が楽になる。
  • データそのものはサーバーのデータベースに保存されているため、eラーニング以外での解析にもそのまま利用できる。

管理者、教育担当者のメリット

  • 一からシステムを構築する必要がないため、コスト削減・工数の短縮ができる。
  • 受講者や教材の管理をブラウザー上などで統括して行えるため、視認性や操作性が高まる。
  • データはすべてLMSに集中管理されるため、運用や保守が楽になる。

eラーニングを受講しない理由は?

  1. 受講したい内容がeラーニングで提供されていないため、そもそも縁がない
  2. あったとしても受講料が高い
  3. 会社からやれと言われるだけで、目的が自発的ではないため刺激がない

などがまず容易に考えられる。

 

まとめと考察 LMS に蓄積された学習履歴から各学生の特性ベ クトルを構成し,それをクラスタリングすることに より学習行動が似ているいくつかのグループを分離 することを行った.また,成績や対面時の学習行動 をみることにより,各グループの特性がよりハッキ リと分かり,各グループに属する学生がどのような 特性を持つかの仮説をつくることが容易になった. たとえば,A は学習に積極的に取組み成績も比較的 良いグループ.Bは学習意欲が少々低く成績も少し 悪いかもしれないグループ.C はそれなりに勉強す るが割りきりが早いグループ,という仮説が考えら れる.もちろんこれらの仮説の証拠は十分ではない が,学習行動の特性の仮説から各々のグループに適 した効果的な学習活動を設計し,それをもとに授業 を実施し仮説を検証するというサイクルが可能にな る.

参考文献

(1) The NMC Horizon Report: Higher Edition, (2011) (2) 山川修,菊沢正裕,田中武之,「授業を可視化するツ ールとしての e ラーニング」(課題研究),日本教育工 学会第 21 回全国大会講演論文集,pp.109-112 (2005). (3) 山川修,田中武之,菊沢正裕著,「情報リテラシー第 2 版」,森北出版,(2007).

 

3.研究内容.方法

4.结果.考察

5.结论

文献

Advertisements

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  更改 )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  更改 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  更改 )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  更改 )

Connecting to %s